釣り日記

9月11日の釣果 シーバス 35cm@荒川支流(ドブ川)

記事内に広告が含まれています。

こんにちは。
fimoフィールドモニターの笹目釣人です。

前日、荒川本流でサヨリを引っ掛けただけで撃沈してしまったので、気分を入れ替えて例のドブ川に行ってきました。

9月9日の釣果 なし@荒川 笹目橋
こんにちは。fimo フィールドモニターの笹目釣人です。 最近、うっすらと体調が悪かったので釣りを自重していました。なんとなく良くなってきたのと、涼しくなってきてそろそろシーバスも本気を出してくるのではないかと思い、いつもの笹目橋周辺で釣り...

雨の後だったのでかなり状況は良いと想定していたのですが、思ったよりも渋く、どうにか1シーバスという結果となりました。まだまだ修行不足ですね。
ですが、長らく挑戦していながら結果の出なかったトップウォータープラグでの釣りで釣果を上げることができたので、その点は良い成果となりました。

過去の釣果報告の記事はこちらから一覧で見ることができます。

スポンサーリンク

釣果

  • 釣れた魚
    シーバス 35cm
  • メモ
    深夜の上げ後半から、ドブ川のインレットを中心にアプローチ。
    水位が上がってきてインレットの落差が無くなったポイントに、ゆっくりとスウィングウォブラーを通してくると、水面でバシャバシャバシャっとバイト。
    この手のバイトはたいがい針に掛からず取り逃すのですが、ドスローで巻いていたのが功を奏したのかしっかりと掛かっており、無事に釣りあげることができました。
    その他2回ほどバイトがあったのですが、明るくなってきてからはぱったりとバイトが止まってしまいました。

釣行データ

釣行時間  2022年9月11日 3:00-6:00
天気 / 風曇り / 中風
潮まわり大潮 上げ→下げ
ポイント荒川支流
タックルロッド:ダイワ クロノス 672MLS (カタログ落ち)
リール:ダイワ 20ルビアス LT3000-C
メインライン:シマノ ピットブル8+ トレーサブルピンク 1号
リーダー:シーガー プレミアムマックスショックリーダー 16lb

釣行履歴

ナイトゲーム
  • 3:00

    深夜、自転車を全力でこいで例のドブ川へやってきました。
    この日は単独釣行です。

    まずは、橋の明暗。
    上げ終盤で水位は高めです。雨の影響でかなり濁っています。
    上げの流れが緩やかに効いていて、良さそうな感じですがイナッコの気配はあまりありません。

    スウィングウォブラーとロザンテでサクッとチェックし、特に反応が無いため別のポイントに移ります。

  • 3:30

    次はインレットです。
    水位が上がっていて、インレットの流れ口より水位が高いため、いつものようにドボボボと音を立てて流れ込んではいません。
    それでも、おそらく魚は付いているはずです。

    スウィングウォブラー85S fimoオリカラ ラージョをチョイス。

    下からラージョ、シエナ、オルトス。10/13(木)よりfimoショップにて発売開始です。

    インレットより下流側にそっと立ち、アンダーキャストでインレットの上流側にキャストします。
    すぐにロッドを立て、流れに乗せつつインレットの壁際をスローに巻いてきます。

    2.5mほどあるインレットの中ほどを過ぎたあたり、突如バシャバシャバシャと水しぶきが飛びます!!
    水面から魚が飛び出してきて頭を左右に三回振りました!!
    大体このパターンのバイトは針に掛からずおさらばするのですが、竿先にゴゴンと重みが乗っています!!
    すぐにドラグを緩め、慎重にファイト。
    最後はネットで無事に取り込みました。

    35cmとやや小ぶりなシーバスです。

    だけど、バチルアー以外のトップでシーバスが釣れたは初めてだし、fimoオリカラで釣れたのも初めてだし、非常に嬉しい一匹となりました。

  • 5:00

    その後、同じようにインレットを中心にランガンしていきました。

    途中、おなじみのロザンテで一匹掛けたのですが、バラしてしまいました。

    他にもインレットで1回コツンっとショートバイトがあったのですが、これはうまく掛かりませんでした。

  • 6:00

    明るくなってきてからも、ランガンを続けたのですがぱたりとバイトが無くなり、この日はこれで切り上げました。

さいごに

この日は3バイト1フィッシュ(1シーバス)でした。

スウィングウォブラー85Sはドブ川釣行に向いていますね。
サイズの割に12gと結構な重量があるため、暗がりでもキャストしやすく、ルアーがどこを通っているかもわかりやすいです。
さらに、表層をスローに巻いてこれてかなり扱いやすいです。
これからも、ドブ川ではロザンテと並んでヘビーローテーションすることになりそうです。

それではまた。

スポンサーリンク
ササメフィッシング